ABOUT US 大阪ダイヤモンド地区

大阪駅前線、国道2号、御堂筋および
四つ橋筋に囲まれた形が、
五角形のダイヤモンドに似ていることから
「ダイヤモンド地区」と呼ばれ、親しまれています。

LOCATION ロケーション

大阪市北区梅田1丁目
大阪市北区梅田1丁目
最寄駅
< JR > 大阪駅、北新地駅
< 阪神 > 大阪梅田駅  < 阪急 > 大阪梅田駅
< 大阪メトロ > 四つ橋線 西梅田駅 /谷町線 東梅田駅 /
御堂筋線 梅田駅

ACTIVITIES 主な活動

大阪ダイヤモンドシティ協議会について

大阪ダイヤモンドシティ協議会は、ダイヤモンド地区全体の振興発展を目的として、
地区内各ブロックを代表する会員が集まり、1977年12月に結成。地区内の魅力
向上・にぎわいの創出に向けたエリアイベント等各種事業を実施しています。

大阪ダイヤモンドシティ評議会

ダイヤモンド地区再生に向けた
エリアマネジメントについて

背景
近年、大阪駅周辺では大規模開発が進み、都心に相応しい都市機能の強化とともに、地上における歩行者空間の拡充と回遊性の向上が共通のテーマとなっています。
特にダイヤモンド地区では、歩行者の移動は地下に負うところが大きく(地上のにぎわいに乏しく)、開業当初の魅力が時代とともに希薄化しつつあるなど、変貌著しい大阪駅周辺にあって相対的な魅力低下が懸念される状況にあります。
そのような問題意識のもと、ダイヤモンド地区の地権者等が協働で、まちのあるべき姿や再生方策などを考え、認識 を共有していくため、大阪ダイヤモンドシティ協議会の専門部会として2011年に「ダイヤモンド地区再生に向けたエリアマネジメント勉強会」を設立しました。
目的
ダイヤモンド地区の地権者等が一体となり、「地上の復権」「ダイヤモンドにいかに魂を入れるか 」をテーマに、地区の将来像の検討・策定や、その実現化に向けた にぎわい形成、安心・安全性向上などの各種エリアマネジメントのWG活動を通して、地区の価値向上(不動産価値向上+集客力向上)につなげていくことを目的にしています。

勉強会における主な活動

  • 地区の再生方策の検討
    地区の再生方策の検討
  • 歩車道空間再編交通検証実験
    歩車道空間再編交通検証実験
  • にぎわい空間拡充実験「Fasaka Market」
    にぎわい空間拡充実験「Fasaka Market」

にぎわい形成WGにおける主な活動

  • 大阪ダイヤモンドフェスタ
    大阪ダイヤモンドフェスタ
    大阪ダイヤモンド地区 さくらフォトコンテスト
    大阪ダイヤモンド地区
    さくらフォトコンテスト
  • ガイドマップの作成・配布
    ガイドマップの作成・配布
  • 清掃活動①
    清掃活動①
    清掃活動②
    清掃活動②

安心・安全WGにおける主な活動

  • エリア合同防災訓練
    エリア合同防災訓練
  • 情報伝達訓練
    情報伝達訓練

「大阪ダイヤモンド地区とは ABOUT US」のページの先頭へ戻る